読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を確保し、早期のセミリタイアを目指します

株による配当金、株主優待を中心に不労所得を確保し、早期のセミリタイアの獲得を目指します。あわせて断捨離、ミニマリズムといった節約にも触れながら、いかに所得を増やし消費を減らすかについても書いていきます。日々のあれこれも書くかも、、、?

広告

優待株を増やして、お金を使わない方向目指してみようかな

つれづれ 不労所得

f:id:kaneha:20160219215423j:plain

今日は、当初の予想通り「下げ」で終わった日経平均

 

場中、かなりきつい時間帯があったものの、最後はなんとかすこし取り戻して終わった。

 

一気に「どかん」と爆発して、宝くじに当たったような爆上げを夢見つつも、ゆらゆら波に揺れるように自分の資産は「上がったり、下がったり」を繰り返している。

 

さて、こうも自分の描く筋道通りにいかない市場に、それでも期待して高望みするのも楽しいものであるが、まずは資産の積み上げがままならない以上、今度は消費をいかに減らしていくか、という視点を再び考えてみてもいいかなと思った。

 

というのも、お金を殖やすことが簡単でないのに対して、お金を使うことがあまりに簡単で、すぐになくなってしまうということをまた強く感じ始め、それなら「自分のお金をいかに使わないようにするか」ということを考えていかないと、あっという間に財布が「すっからかん」になってしまうと思ったからだ。

 

私だって毎日なんらかんら「やりたい」・「食べたい」・「楽しみたい」・「買いたい」など、いろいろな欲求に襲われる。

 

そして、それを自分なりにうまくかわす術を身につけようと努力しているのだが、それでも時としてストレスを溜め込んで、我慢しきれず暴走して、お金を散財してしまうことがある。

 

だから、欲求に対しては「いかにため込まずバランスをとるか」が重要となってくると日頃から思っている。

 

では、次から次に襲われる欲求に対して自分はどうやってそのバランスを図っているのかというと、その一つの方法として

 

株主優待

 

があげられる。

 

 

例えば、外出時に株主優待の活用できる店舗を利用することにより、金銭面の負担がかなりの部分少なくなるか、後で還元されることとなる。さらにはうまく利用すれば「無料」で購入・飲食することもできる。

 

自分の欲求を満たし満足できると同時にお金も使わない

 

これこそが一番理想的だと思っている。

 

だから、自分が良く利用する店舗で株主優待を使える株を持っていると非常に重宝するし、さらに優待が利用できるいろいろな株を複数持っていると、株を購入する負担以上の恩恵を受けられたりする。

 

なぜなら出歩くたびに、その時の気分で優待が使える店を選べるわけで、そのうえ新しい業態の優待の使える店を発見したりすると興奮したりもする。

 

今住んでいるところは、首都圏と違い地方であることから、若干事情は異なるかもしれないが、それでも自分の住むところにも探せばいろいろ利用できるところがあることがわかった。

 

少し投資戦略として、飲食系優待株狙ってみようかな

 

桐谷さんレベルは無理でも、近場範囲で使えるもので集めてみるのも悪くない

 

持ち株の状況を見ながら、まだ保有していない優待株のことを考えた。

 

やっぱし、こういうことを考えている時間は楽しい