不労所得を確保し、早期のセミリタイアを目指します

株による配当金、株主優待を中心に不労所得を確保し、早期のセミリタイアの獲得を目指します。あわせて断捨離、ミニマリズムといった節約にも触れながら、いかに所得を増やし消費を減らすかについても書いていきます。日々のあれこれも書くかも、、、?

広告

株式会社キユーピーから優待品が届く。そしてしばしのお別れ。。。

株式会社キユーピーから株主優待が届いた。

 

 

f:id:kaneha:20160227131905j:plain

 

 

 

 

 

f:id:kaneha:20160227132011j:plain

f:id:kaneha:20160227134156j:plain

 

普段使える商品が入っているし、めったに買わない商品も混ざっていて、いつも楽しい優待品だ。

 

 

 

今回は「白がゆ」がサプライズだった。

 

体調不良時や、飲んだ翌日の胃もたれ感がひどい時など、食欲がわかない時にぜひ利用させていただこうと思う。

 

マヨネーズやドレッシング類は既に美味しいとわかっている商品なので、安心してストックできる。

 

 

 

それ以外の商品もすぐに使えるものだ。

 

 

本当重宝する優待品の数々。

 

 

株式会社キユーピー様、ありがとうございました。

 

 

 

さて、こんな「べたほめ」の株式会社キユーピーの優待品。

 

おそらく、今回受け取ったのを区切りとして、しばらくの間手に入らないと思われる。

 

なぜなら、昨年末「大ミス」をしてしまったからだ。

 

その大ミスとは

 

 

「貸株」

 

 

である。

 

当時、お金をなんとか増やす手段をつくろうと躍起になっていた私は、証券会社の「貸株」サービスの内容を見ているうちに、つい魔がさしてしまうこととなる。

 

そして、よくよく状況を判断しないまま、「貸株」サービスを申し込んでしまった。

 

だが、すぐに重大なことに気づく。

 

株主優待をもらうには、長期保有を条件としていた銘柄があったということを。。。

 

そこで慌てて取り消そうとして動いたが、、すぐにキャンセルできないということをコールセンターから聞く、、

 

 

「終わった。。。」

 

 

 

 

 

 

以上のような、年末の悪夢をやってしまったため、長期保有を条件とする株式会社キユーピーの優待は、今後しばしお預けとなってしまった(と思われる)

 

今は当然ながら、貸株の対象から外し、元の状態に戻している。

 

ただし、1度でも貸株に出すと株主番号が変わってしまうため、また優待を取得するには一からのスタートとなった。

 

株式会社キユーピーは業績もいいし、企業自体好きなので今後も保有していく方針に変わりはない。

 

ただし、優待をもらえるのは、大夫遠い遠い先となってしまった(おそらく3年後か4年後)。

 

この大失敗を糧にして、

 

 

「貸株」という愚かなミスは今後絶対しない。

 

 

心にそう固く誓うこととなった。

 

 

さて、また優待品がもらえる日を待って、それこそ大事に大事に株式会社キユーピーの株を引き続き保有していくこととしよう。。