読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を確保し、早期のセミリタイアを目指します

株による配当金、株主優待を中心に不労所得を確保し、早期のセミリタイアの獲得を目指します。あわせて断捨離、ミニマリズムといった節約にも触れながら、いかに所得を増やし消費を減らすかについても書いていきます。日々のあれこれも書くかも、、、?

広告

退職することを決意しました

リタイアに向けて

先日「仕事を辞めたい」と

上司に伝えてから、

初めて今日幹部との面談がありました。

 

 

先日の人事異動希望調書に基づき、

本当に退職する意思があるかどうかを

確認するためです。


私は退職したいとの希望はありましたが、

正直迷いがありました。

 

本当にこのまま辞めてよいのか

退職して生きていけるのか

後悔しないのか

 

いつもそのことを

「考えては悩み」

「考えては悩み」

の繰り返しでした。

 

だからこそ、

実際に退職意向について聞かれると

急に不安になり、

回答がつい

「しどろもどろ」

になっていました。

 

やはり、本心は

不安で不安でいっぱい

なのでしょう。

 


結局のところ、その場では

「退職する意向はある」ことを伝えたうえで、

併せて「もう少し時間がほしい」旨回答し、

最終的な判断は保留して逃げることにしました。

 

正直「ヘタレ」な自分がそこにいたのです。

 

この面談が終わった後、

私はしばらく放心状態でした。

 

とてもとても仕事をする気には

なれませんでした。

 


ただ時間が経過するにしたがって、

だんだん冷静さを取り戻すことができました。

 

そして、思ったのです。

 

「所詮、組織の中で動く部品でしか自分はない。

使えなくなれば

とっとと新しいものと交換すればよく、

だからこそ使えないのなら

とっとといなくなればよい


自分はそんな存在にしかすぎないのだ」

 

 

たしかに幹部からは

同情するような言葉もありました。

 

しかし、明らかに気持ちのない

単なる機械的な言葉です。

 

自分は本気で思っていても、

幹部にとっては一人の人間の人生など、

正直どうでも良いのです。

 


要は、仕事に組織に使えるのかどうか


ただ、それだけなのです。

 


私は、今日そのことに気づいて、


急に仕事にしがみつくことに

「どうでもよく」

なってしまいました。

 


こんな人たちのもとで仕事をして、

金と時間と人生を奪われることに

嫌悪感すら感じました。

 


私は次回の面談で、

正式に退職の意向を伝えようと思います。

 

今日、ついに親にも

そのことを打ち明けました。

 

 

大きな決断となりますが

 


自分の人生です!!

 

 

自分のしたいように

自分の時間を過ごしていきたいと

思っています。

 

 

2016年が半分を過ぎようとする、

まさしくこの日

 

私にとって、とても重要な日となりました