読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を確保し、早期のセミリタイアを目指します

株による配当金、株主優待を中心に不労所得を確保し、早期のセミリタイアの獲得を目指します。あわせて断捨離、ミニマリズムといった節約にも触れながら、いかに所得を増やし消費を減らすかについても書いていきます。日々のあれこれも書くかも、、、?

広告

自分の生きていくもう一つの在り方を見出したい

リタイアに向けて つれづれ

退職を決めた後


「後悔の気持ちが生まれるのかな」


「後ろ髪引かれるような気持ちに襲われるのかな」


そう思っていました。

 

しかし、今のところ

そのような気持ちに襲われたことはありません。


冷静に、客観的に、

今の仕事を見つめることができています。

 

今はまだ仕事をしている身


あまり言及するのは今日は控えましょう。

 

ただ、一つ思うことは、

この職場で一生過ごすことは

とてもとても私にはできないということです。

 

生活があって、家庭があって、

いろいろな立場の人がいる以上、

仕事にしがみつかないと生きていけない人も

いることは重々わかります。


ただ、そのために

自分の多くの人生という時間を、

不満や疑問を押し隠し、我慢に我慢を重ね、

耐えに耐え忍んで過ごさなければ、

果たして生きていけないものなのでしょうか。


自分の身を、不本意な人間の理不尽な要求に

今後も捧げないと

生きていけないものなのでしょうか

 

 

私には、今の「社会」というもの、

「組織」というものの制度自体に潜む

大きな歪みに疑問を感じています。

 

そしてその歪みを目の当たりにして

感じてきたからこそ、

自分の心が耐え切れず悲鳴をあげたわけです。

 

これは他人からいえば

「社会不適合者」

のレッテルを貼られたものに

なるのかもしれません。

 

ただ、私は自分を維持していくうえで、

そこから脱出するのは

今がぎりぎりのタイミングである

と思っています。

 


「辞めちゃえば?」


以前言われた言葉を思い出します。

 

その言葉は、気軽な感じがする一方で、

自分で選択し判断し動いていくことの

主体性を感じます。

 


私は、まだ自由に

生きていけるような身ではありません。

 

ただ、

今を変えるために動き出そうとしています。

 


自分の生きていく

もう一つの在り方を見出したい


今はそんな思いです。