読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を確保し、早期のセミリタイアを目指します

株による配当金、株主優待を中心に不労所得を確保し、早期のセミリタイアの獲得を目指します。あわせて断捨離、ミニマリズムといった節約にも触れながら、いかに所得を増やし消費を減らすかについても書いていきます。日々のあれこれも書くかも、、、?

広告

組織はムリとつくづく感じました

つれづれ リタイアに向けて

今日は、会議がありました。

 

そこで話があった所属長からの一言

 

 

「先日視察に来られたトップ

(私の所属する職場での一番トップのもの)

が、諸君らの仕事の頑張りのおかげで

取引先から大変感謝され、感激していた

とのことです。

ぜひ、自分の仕事に自信をもって

これからも励んでほしい」

 

私がその言葉を聞いて思ったこと

 

 

「はあ?」

 

 

 

その話しは、もはや私にとって正直

 

「どうでもいいこと」

 

でした。

 

 

会ったことすらないトップに褒められても、

 

まったくピンときません。

 

むしろ目の前の先輩に助けられているわけで、

 

そのような先輩のほうがよっぽど頭が下がります。

 

本来トップのため、会社のため、組織のために、

身を粉にして仕事にしている人が多いのが現実

ではありますが、 自分がいくら一生懸命やろう

が、必死でアピールしようが 結局、私のような

底辺の人間がいくらもがいたところでたかが知

れています。

 

そして今後も報われることがないことは、私の

ような年代になれば当然理解しているわけで

 

こうなると、もはや身を粉にして会社のために

仕事をするなぞ

 

私には

 

「ありえない」

 

 

選択肢となっています。

 

 

しかも退職する方向である私には、

 

もはや滑稽な話にしか聞こえません。

 

 

それでも、管理職にとっては

 

とても大切なことなのでしょう。

 

 

 

私は、もはや管理職どころか 中間管理職すら

 

ムリ

 

とわかっていますので

 

こういった

 

「くだらない」

 

と感じる時間を今後もできるだけ少なくして

 

自分の人生を過ごしていきたいと思いました。

 

もはや気持ちが離れている以上

 

私には今の仕事に専念することが

 

難しくなっているのは間違いありません。

 

将来をどうするかという不安もありますが

 

少なくとも自分は組織というのが

 

苦手だ

 

ということを

 

今回つくづく感じざるをえませんでした。