読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を確保し、早期のセミリタイアを目指します

株による配当金、株主優待を中心に不労所得を確保し、早期のセミリタイアの獲得を目指します。あわせて断捨離、ミニマリズムといった節約にも触れながら、いかに所得を増やし消費を減らすかについても書いていきます。日々のあれこれも書くかも、、、?

広告

お金を使わなくても満足できる生活スタイルを維持する

最近あまりお金を使わなくなりました。


当然、これからのことを考えて

財布のひもをさらに絞ったからにほかなりませんが、


そのことによって「ストレス」が出るかと思いきや


特段何も起きず、普段通り生活しています。

 

もともと物欲が少なく、

お金を使って楽しみを得たり経験したり、

外食したりといったことをしないタイプの

人間だからなのかもしれません。


最近は「ネットサーフィン」、「動画閲覧」、

「自転車」、そして「料理」、「掃除」

で休みの大半を過ごしています。

 


たしかに一人暮らししていた時は、

もっとお金を使っていましたし、

年に何回かは旅行していました。


それでも、

株主優待を利用しての外食や宿泊だったり、

お得な切符を使用して

できるだけ安い1人旅をするなどだったので、

さほど大きな負担をした記憶がありません。

 

それに物欲もあまりなかったので、

衣服や家電などに使うお金も

あまり多くありませんでした。

 

付き合いも悪く、

あまり好んで宴会にも出席しませんでした。

 

ほとんど宴会は「キャンセル」ばっかり

だったので、

周囲から文句も言われたくらいですから(笑)

 

それでも強いて言うなら、

仕事で疲れて嫌になり、

コンビニで食事を購入していた一時期が

一番お金を使ったのかもしれません。

 

それが、今や実家暮らしです。

 

物も揃っていますので

ほとんど新規に購入する必要がありません。

 

新たに購入するとしても、

古いものがダメになったり、

代用が効かず

どうしても必要な物と自分で判断したものを

買ったときくらいです。

 

食事もあまり外食を望まず、

家で食べることのほうが幸せに思っています。

 

もちろん食費はかかりますが、

ここでも株主優待品を

できる限り活用しています。

 

お店で食べると

結構な料金をとられる料理であっても、

家で作ればゆっくり食べられます。

 

そしてそれで充分満足です。

 

欲を言ったらきりがありませんが、

そうなるといくらお金があっても足りません。

 

どこで満足の線引きをするか

 

これによって、

ずいぶんと必要なお金というのは

変わってくるものと思います。

 

当然、毎日、毎月、毎年といった単位で

必ずかかるお金もありますし、

突発的に必要となるお金もあるので、

お金はあるに越したことがないのは事実ですが、

普段どれくらいお金を使っているかによって、

必要となるお金は

大夫変わってくるのではないのでしょうか。


わたしは、

この物欲がなく節約に抵抗がない自分自身の

性格は悪いものと感じていません。

 

むしろ気に入っているくらいです。

 

今月も、今のところ自分で使ったお金として、

2万円くらいしかまだ使っていません。

 

多くても月で3~4万円くらいかと思います

(ご祝儀や自転車購入した月、

電子マネーチャージが重なった月など。

ただし定期券購入の月を除く)

 

削れる金額にも限度がありますが、

今後も上手に無駄遣いを減らし、

更なる節約維持に努め、

できるだけお金を使わないで満足できる

生活を維持していこうと思います。