読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を確保し、早期のセミリタイアを目指します

株による配当金、株主優待を中心に不労所得を確保し、早期のセミリタイアの獲得を目指します。あわせて断捨離、ミニマリズムといった節約にも触れながら、いかに所得を増やし消費を減らすかについても書いていきます。日々のあれこれも書くかも、、、?

広告

お金には全力で働いてもらう

リタイアに向けて つれづれ

お金には全力で働いてもらう


これは、不労所得を目指す私にとって

 

極めて重要なこと。

 

それならば


きちんとそれを実現できているのか


きちんとお金を管理できているのか


そのことを問われれば、


必ずしも出来ているとは言い難い


今はそんな状態でしょうか。

 

 


今は毎日のお金の出入りについて

 

特に注意して見るようになっています。

 

特に退職を決めてからは、


①無駄な出費を極力なくすこと


②できる限りキャッシュバックやクーポン、

安売り広告の利用ができないかを心がけること


③お金に結び付く収入源となりえそうなものは

どんどんチャレンジし、広く浅くお金を得られ

る手段やチャンスを増やしていくこと

 

これらのことばかりに

神経が集中しているような気がします。

 

 

しかし、そういう日頃の心がけは

当然ながら重要だとしても、


基本はトータル資金が一体どれくらいあるか

を常に認識して管理し、


それをきちんと運用して

不労所得を確保していくということ

 

このことこそが本来一番重要なのであって、


そのことを忘れていたのでは

結局のところ普段の努力が実をなしません。

 


なぜこのような話題となったのかというと


私が預けていた定期預金が

知らない間に満期となっていて、

ずっと普通預金に放置されていた

ということが最近あったからです。

 


今は、普通預金では

絶望的な利息しかつきません。


しかしだからといって、

全額投資に回すとなると

リスクが生じて元本割れの危険性もあります。

 


私の資産の状況から考えると、

リスク資産より今は安全資産をもう少し

増やす必要があると考えています。

 

それならば安全資産でもすぐに使う必要のない

お金は、少しでも条件のよいものに預けておく

のが理想的です。


個人向け国債、定期預金など

普通預金より少しはマシな運用方法がある

わけですから、本来満期が来た時点で

きちんと預け替えしないといけないのです。

 

自分の意識が、

いつの間にやら偏った方向に

神経を尖らせていることに気づいた私は


今後は定期的に資産状況を確認するよう心がけよう


このように決意したところです。

 

 

今は来年に向けて、

全力をもって体制を整えていく重要な期間

 

そして一時的に大きくかかると予想される

来年の税負担にいかに対応していくかの

準備期間でもあります。


まずは転職などの活動を計画する以前に、

お金について特に真剣に

挑んでいきたいと思っています。