読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を確保し、早期のセミリタイアを目指します

株による配当金、株主優待を中心に不労所得を確保し、早期のセミリタイアの獲得を目指します。あわせて断捨離、ミニマリズムといった節約にも触れながら、いかに所得を増やし消費を減らすかについても書いていきます。日々のあれこれも書くかも、、、?

広告

自分のために使う時間を増やしていきたい

職場に行くたびに訃報のしらせを目にします。

 

多くは親に関するものですが、

なかには現役の人の訃報もあります。

つい最近は、

現役55才でお亡くなりになられた方が

いらっしゃいました。

私は知り合いではなかったものの、

同じ職場で、しかも現役で亡くなった人がいる

との知らせを聞いただけでとても心が痛みました。


ここ1年で亡くなった人を思い出しても、

現役40代、30代で亡くなった方がいたと

記憶してiいます。

 

持病もあったかもしれませんし、

長年の仕事の負荷が一気に身体に

押し寄せたのかもしれません。


それとも別の理由だったのでしょうか。


また、過去を振り返ると、

退職早々亡くなった私の上司もおりました。

 

別の何人かは仕事を苦に自殺をしています。

 

 

このような訃報に接するたび、

「いつ自分が死ぬか、寿命を迎えるか」なぞ

わからないとつくづく感じます。


平均寿命というのはあくまで目安にしかならず、

私とてその年齢に至る前に、

老いで寿命を迎えるかもしれません。

自分が途中で病により死すことも、

現状を苦に命を絶つこともありえます。

 

自然災害、もしくは不運な事故や事件に

巻き込まれるかもしれません。


こう考えると、

 

いかに今を大事にしないといけないか、

 

改めて意識するところです。

 


夢や理想を追い求めて、

 

バリバリ動けたのは30代まででした。


40代になると、

夢や理想はもはや薄れてきてしまい、

むしろ「現実」を痛感するようになっています。


併せて身体も頭脳も日々以前より

鈍くなっているのを感じています。


気持ち自体も

 

「今後の生き方をどうするか」

 

について考えることが多くなりました。。

 

 


「自分にとっての居心地の良い時間、

 

そして満足できる毎日」


これからの私は、このことを模索すべき時期に

きたのだと常々感じています。

 


もはや仕事には期待できない以上、

 

今後の仕事はほどほどに止め、


「1日1日」

 

自分のために使う時間を増やしていきたい


今、改めて強く思っています。