読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を確保し、早期のセミリタイアを目指します

株による配当金、株主優待を中心に不労所得を確保し、早期のセミリタイアの獲得を目指します。あわせて断捨離、ミニマリズムといった節約にも触れながら、いかに所得を増やし消費を減らすかについても書いていきます。日々のあれこれも書くかも、、、?

広告

「アーリーリタイア」か「セミリタイア」かそれとも「正社員転職」か

つれづれ リタイアに向けて

「アーリーリタイア」か「セミリタイア」か

 

それとも「正社員転職」か


退職を決めた後

 

私にとってどの選択肢を選ぶかが


とても重要な判断となってきました。

 

今のところ、私は

 

「セミリタイア」でいこうかなと

思っています。

 

なぜなら、次のように考えているためです。

 

①不労所得が、今のところ年50万円程度

にしかなっておらず、

とてもアーリーリタイアは難しいこと


②未だ副業は、お小遣い程度にすることが

やっとの状況であり、安定して一定の額を

期待できる状況にないこと


③なんでもいいから仕事をしないと、

資金の目減りばかり気にして

生きてしまう結果になりかねないこと


④完全に社会との距離を置いてしまうと、

何か起きたとき、就職の選択肢がなくなってしまう

可能性があること


⑤だからといってフルタイムで仕事をするのは、

もはや精神的にも年齢的にもムリと考えており、

退職に伴い正社員を目指して転職活動をする気力が

全然ないこと

 

このほかにも理由はあるのですが、

経済的にも自身の健康のためにも

 

仕事は多少した方がよいかなと思っています。

 

今のところ仕事については、


アルバイト・パートもしくは派遣でも

 

なんでもいいから


毎月の安定したお金が確実に手に入ればよい

 

それ位の感覚で考えています。

 


金額としてどれくらい必要かと言われれば、

 

できれば毎月10万円程度が手に入ることが

 

望ましいと考えています。


内訳として「税金」「年金」「保険料」

といった公的な支払いは確実に賄いたい

ところですが


できる限り「電気」「ガス」「水道」など

生活の基本インフラ及びその他の毎月の

固定費用が賄える程度は欲しいと思っています。


それさえ賄えれば、資金の目減りが

かなりの程度抑えることができると

考えるからです。

 

そして、残りの不足分を副業や不労所得で、

変動費や突発的に必要となる費用を賄えれば

理想的かなと思っています。

 

 


それでも今やっている副業がうまくいけば、

必要なお金はもっと少なくなってくると

思いますので、退職まで少し時間があるうちに、

いろいろ頑張ってみたいと思います。

 

今思うと副業にもう少し早く

目覚めればよかったのかもしれませんが
もはやそんなことを言っても仕方ありません。


今やれることをできるだけやって、

退職後のショックを和らげるプランを

今のうちに練り、

そして次に向かって行動できるようにして

いきたいと思います。