読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を確保し、早期のセミリタイアを目指します

株による配当金、株主優待を中心に不労所得を確保し、早期のセミリタイアの獲得を目指します。あわせて断捨離、ミニマリズムといった節約にも触れながら、いかに所得を増やし消費を減らすかについても書いていきます。日々のあれこれも書くかも、、、?

広告

台風直撃(そしてリタイアしたい病が再燃)

つれづれ

今日は台風が直撃しています。


仕事のため、台風が来るのが分かっているにもかか

わらず残念ながらなかなか家に帰ることができませ

んでした。

 

台風接近の直前まで仕事をし、

かなり台風の影響が出始めたころに退社したおかげ

で帰りの電車が遅れるは、雨でずぶ濡れになるは、

帰宅するまで散々な感じでした。


それでも帰れただけ、まだマシな方なのかもしれま

せん。

 

なにせ帰れない人もいるくらいですからね。。。


私のところでも午後から

外が次第に雲行きがおかしくなり、風がでてきて

そして雨が降ってきました。

 

テレビでは、1日台風情報が流れ、

台風の影響がどれほどのものかもわかっていました。


そして、JR等交通機関の運行情報も

どんどん入ってきました。


これでは、明らかに帰宅の途につくのに支障がでる

だろうということも台風が接近してくるにつれて

分かってきました。


こういう時、通勤時間がかかる私など、

とてもとても仕事どころではなく

果たして帰れるのかどうか

それが心配で心配でなりませんでした。

 

そのようなことは、普通誰しも思うことだと思うの

ですが職場の上層部から流れてくる情報と言ったら


「台風のため交通機関乱れるおそれあり。

注意してください」


というどうでもいい内容のものだけでした。


いつも思うのですが、明らかに危ないと予想され

交通に支障が生じるのが分かっている気象状況につ

いてなぜここまで仕事に束縛されないといけないの

でしょうか。


こういうときこそ

個々の状況に目を向け、自身にとって弊害が大きい

と判断される場合には自主的に帰宅の途につけさせ

る処置を施すべきではないのでしょうか。

 

なぜかそういう気配りが職場にはなく、

どういう状況であろうとも

ただ定時まできちんと残ることが半ば強制されてい

る気がするのでした。

 

まあ、それが普通なのかもしれませんが

それであっても帰宅のことを考えると

長距離通勤というのは、いろいろ不利だよなぁ

そんなことを思い起こさせるのでした。

 

通勤自体も苦痛となっている今

早くそういう状況から解放されて

自分のペースで日々日常を送りたい

そんなことを再び考えるのでした。

 

やはり働けるなら家から近いところがいい

 

まさしくそう思います。

 


だけど、、もう働きたくない

 


ああ、、またつい思い、呟いてしまいました。

 

「リタイアしたい病」が再燃です