読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を確保し、早期のセミリタイアを目指します

株による配当金、株主優待を中心に不労所得を確保し、早期のセミリタイアの獲得を目指します。あわせて断捨離、ミニマリズムといった節約にも触れながら、いかに所得を増やし消費を減らすかについても書いていきます。日々のあれこれも書くかも、、、?

広告

退職へ向けてのシミュレーション(夏季休暇はこれからを考える時間となりました)

リタイアに向けて

今週1週間、夏季休暇をとっています。

 


本来ならせっかくのまとまった休みなので

旅行にでも行くところなのですが、

来年退職となることを考えると、

とてもお金を使う気になれません。

 

このためほぼ1週間

まるまる家にいて過ごしました。

 

考えると、これがリタイアしたときの

時間の過ごし方になるのだろう

ということで、

却って事前シミュレーションに

なったのかもしれません。

 

では、この1週間家にいたことを振り返ってみて

どうだったのでしょうか。

 

感じたのは下記のことでした。

 

①家にいても家事でやらないといけないことが多く

実は思ったより忙しい。


料理、掃除、食材の買い出し、洗い物など、、

やろうとするといっぱいあって

時間があっという間にすぎる。


でも、その時間が楽しいと感じる。

 


②1日1日、自分でその日やれる範囲のことを

やればよいため、心が平穏になる。


自分の体調に合わせて動け、

無理をしないことから

安心して1日を過ごすことができる。

 

③お金は基本生活さえ成り立つ程度あれば

十分だと改めて思った。


実家にいるとはいえ、この1週間使ったお金は

散髪代の2,000円だけにすぎず、

それ以外でほとんど使っていない。


お店に行き、

いろいろ服なり雑貨なり電化製品など見ても、

欲しいと思うものが見当たらない。


自分にもはや欲がないことを自覚するとともに、

家に居ることの時間のほうが幸せに感じる。

 

 

④家に1日中ずっといると

明らかに社会との接点がなくなる。

 

このため気を抜くと簡単にだらけてしまい

運動不足に陥る。

 

 


他にもいろいろあったように思いますが、

特に感じたこととなると

以上の内容になるものと思います。

 

 

 

そしてそのことを踏まえ、

お金のこと、資産運用のこと、来年以降の働き方

について併せてこの1週間考えていました。

 

その結果、今後の方針として

次のようなことを考えています。

 

①資産運用における

「株」・「投資信託」は今後も継続する。

 

そしてさらに資産を増やし、

多極化していく努力を今後もする。

 

 

②時間を味方につけるため、

現在続けている積立投資・貯金も

可能な限り継続していく。

 

 

③雑所得を税金のかからない

ギリギリの範囲までもっていくために、

副業を頑張る。

 

④税金対策は必須。

知識を増やしていき、

退職後の税金対策を事前に準備しておく。

 

⑤退職後も最低限働くことを考える。

ただし1日4、5時間、

週4日乃至は5日くらいを限度にすることとし、

近くにどういう仕事があるか探してみる。

 


これはあくまで現時点での気持ちなのですが、

やはり資産の面及び自身の健康から考えると

少しは働いておいた方がいいかなと思っています。

 

株などのリスク資産がある程度の割合を占める以上

最悪のことを考え、

継続的に入るお金が別にあることが

精神的に安心だというのが理由の一つです。

 

しかし、年齢からいって

働く先がないことも考慮しないといけないため、

資産運用及び副業をメインとして

今後も率先して頑張っていきます。

 

 


今回の夏季休暇は、

これまでのことをいろいろと整理し、

これからの将来のことを考えていくうえで

貴重な時間となりました。

 

今後現実味を帯びてくる退職に向かって、

1歩1歩進んでいくことができそうな、

そんな気持ちになりました。