読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得を確保し、早期のセミリタイアを目指します

株による配当金、株主優待を中心に不労所得を確保し、早期のセミリタイアの獲得を目指します。あわせて断捨離、ミニマリズムといった節約にも触れながら、いかに所得を増やし消費を減らすかについても書いていきます。日々のあれこれも書くかも、、、?

広告

繰り返し入る収入源を求めて(1)

つれづれ 不労所得

 

お金を使っても、繰り返し繰り返しお金が入ってくる状態。

 

もし、この状況が作り出されれば、多少資産に変動が生じたとしても、安定した生き方ができる。

 

たとえ収入より支出が多くとも、資産減少のスピードは、繰り返し入る収入により緩やかなものになる。

 

そして、その資産減少をさらに緩やかにしていくために、「節約」や「契約の見直し」はしないといけないわけで、その点は早い時期から実践している(方だと思う)。

 

今、自分が最大の課題としないといけないのは、この「繰り返し入ってくるお金」を得ていく収入源として「なにを求めていくか」ということである。

 

  • 仕事を継続する、もしくは新たな仕事をする
  • 副業をする
  • 不労所得を得るためお金に働いてもらう

 

 

 そこで、以上の点について、まず自分の頭を整理することとする。

 f:id:kaneha:20160214161546j:plain

 

仕事をする

これが一番安定した収入源にはなる。とにかく仕事に就いていれば、給料というかたちで毎月お金が得られるわけで、さらに正社員であれば、それ以外の面でもメリットが多い。

その会社が居心地がよく、仕事も適っているのなら、今の仕事を継続することが一番良いと思っている。

 

だが、「仕事の適性」・「責任」・「会社の将来性」という点で、会社に対する強い疑問を抱いている。それに「体力の衰え」・モチベーションの低下等「精神的限界」を最近強く感じるようになった。

加えて「人間関係の維持」にも非常に疲れるし、「転勤が多い」のも苦痛である。

 

だから、「このまま今の仕事に居続けても自分がつぶれる」だけだと思うようになった。

 

では、今の仕事の継続が難しいとするのなら、「転職」するか、「別な生き方を目指す」か、となるのだが、まだ答えは見いだせていない。

 

ときどき求人情報を見ながら模索している最中である。

 

年齢上相当覚悟しないといけないと自覚はしている。

 

ただ、可能性はあると思っている。

 

なぜなら、

 

「給料については、今の収入と同程度までの収入を求めてはいない。

 

毎月かかる生活費、および税金

 

これが賄えるか、賄えないとするならどこまで賄えるか」

 

という視点で考えているからである。

 

あとは仕事の適性や勤務日、勤務時間など「無理のないレベルで仕事ができるか」ということだろうか。

 

正社員であることについては、そもそもこだわってなどはいない。

 

 

そう考えると、選択肢は意外にあるのではないか。

 

 

 

 

もし動くのなら早い方がいいと思っている。

 

どんどん年とともに選択肢がなくなるだけだから。

 

それに遅れれば遅れるほど、「自分がつぶれて、体も精神も壊れてしまう」リスクが増していくこととなる。

 

もしそうなってしまったとしたら、何のために生きているのかわからなくなる。そのうえ、収入源まで断たれ、医療費ばかりかかることとなったら。。。とても生きているなど馬鹿らしく思えてくる。

 

 

会社につぶされるために生まれたのではない。

 

 

そう思って、今は試行錯誤を重ねている。

 

 

もう今の会社にしがみつく気は毛頭ない。

 

あとは

 

決断をいつするか

 

である。

 

もうそんなところまで来ているのだと改めて思った。